猫の十戒
私の生涯はだいたい15年くらいしかありませんが、
たまに20年以上生きて尻尾が裂けます。
ほんのわずかな時間でもあなたが離れていると腹が立ってきます。
私が家族になってあげるので、そのことを覚悟しなさい。
あなたが望むことを理解するつもりはありません。
待っても無駄です。
私を崇拝しなさい。
私にとってそれが一番大事なことなのです。
私を長い間叱ったり、閉じ込めたりしてはなりません。
でも狭いところは大好き♪ダンボール箱を用意するのは許可します。
あなたは仕事や楽しみもあり、友達だっているかもしれませんが、
​私のお世話することに勝る喜びはないのです。
​あなたが迎えたのですから。
私に話しかけなさい。
あなたの話していることが何かはどうでもいいですが、
話しかけるあなたの声はわかるのです。
褒め言葉は特に・・・
あなたが私にどんな風にしてくれたか、私は決して忘れません。
恨みは倍返しです。
私を叩いたりする前に思い出しなさい。
私の歯はあなたの手の骨を噛み砕くことぐらい簡単にできるのに
気が向いた時にしか噛まないようにしていることを。
わたしが言うことを聞かないと起こる前に、
まずは自分に問いかけてみてください。
たっぷり食事をあたえましたか?
わたしの好きなチ◯ールでしたか?
日向ぼっこで気持ちよく昼寝しているのを邪魔しませんでしたか?
もしかしたら年を取り、体が弱って来ているのかもしれませんが、
どのみちわたしがしたい事に従わないのが悪いのです。
あきらめなさい。
わたしが年を取っても世話をしなさい。
あなたも同じように年を取りますが、
わたしは年を取っても可愛いのです。
​⑩
最後の旅立ちの時は、そばにいてわたしを見送りなさい。
「かわいそうで見ていられない」とか「私のいないところで逝かせてあげて」
なんていうのは許しません。
撫でて撫でて
撫で続けなさい。
かわいいよ、良い子だよ、
と褒め続けなさい。
そうすれば、着替えの時間ぐらい少し与えてやってもいいでしょう。
まあ・・・気が向いたら・・・
作者不詳・・・
 
 
なんという上から目線(笑)
気の向くままの猫らしさ。
でも・・・実はすごく甘えたいんです。
1日放って置かれるのなんて
本当は大の苦手な猫さん達です。
ここ何年か、空前の猫ブーム。
猫さんにとっても動物愛護先進国になることを願います。