気をつけたい食べ物&植物

ネギ類・にんにく(たまねぎ・ネギ・ニラなど)

​※ 赤血球を壊し、貧血・食欲不振・呼吸困難・血尿などになる恐れがあります。 

 

チョコレート・ココア

※ テオブロミンという物質が悪いんです。

  早くて30分〜2時間の間に、下痢・嘔吐など、ひどくなると昏睡状態になることも。

ぶどう・レーズン

※ 嘔吐・下痢・食欲不振・また、急性腎不全を引き起こす症例がありました。

​  

砂糖

​※ 過度の摂取は体重増加、糖尿病になることも。

イカ・タコ・貝類

※ 消化しにくい食べ物たちなので、結果胃腸にも負担がかかりります。

​  

牛乳

※ 乳糖が体の中で分解できないので、下痢を引き起こします。

生たまごの白身

※ ビタミンの一種、ビオチン吸収を阻止いてしまうとのことですから、

  もし与えるときは、黄身も一緒に加熱して与えるのがベストです。

​アボガド・キシリトール・刺激の強い香辛料・ゆでた鳥の骨・アルコールなどもパートナーがうっかり食してしまわないようにしたいです。

生の青魚

マグロ・アジ・サバ・イワシなど(猫において

※ ビタミンEが消費されやすくなり黄色脂肪症の原因になる可能性があります。

  加熱したものをたまに与えるぐらいが望ましいようです。

​  

植物

※ ユリは花粉でさえも、呼吸困難になることもあるようです。 

  私の好きなポインセチア・スズラン、このお花も危険です。

  

​ もし、お家や外で食べてしまったら・・・

​ いつ・何を・どのくらい食べたかをよく確認し、パートナーをよく観察しながら病院へ行くことをお勧めします。

 そして、獣医さんにその状況をできるだけ詳しく伝えましょう。​

 体に吸収される前に、病院にて吐かせてもらったり、胃洗浄・点滴など、獣医さんが的確に処置してくださるはずです。

ここに載せているのは最近ではよく知られるようになった、ほんの一例のものです。

​また、体質、体重、個体差でも差があります。

犬も猫も食べ物を探す嗅覚は人間より遥かに優れていますよね。

捕食動物ですから、本来得意とするところなはずです。

しかし現代は室内で生活することも増え、パートナーたちにとって危険な食べ物が目の前にたくさんあります。

見えない、匂わないところへ保管・工夫してパートナー達の健康を守ってあげたいですね。